• Home
  • Logistics Quality
  • 品質

品質

■ 物流品質向上活動基本方針

基本理念

  • 企業の存在理由は「価値」を生み出し、「価値」を届けるためにあるということであり、提供する「価値はお客様の満足」である。
  • お客様に「満足」を届けるのが、仕事、ビジネスの基本であり、目的であり、存在理由である。「満足」していただけるかどうかはお客様が決めるのである。

CS活動の意義

  • 「CS活動」の意義は、「顧客主導の経営」、「お客様の視点に立った経営」を実践することにあり、「お客様に価値ある物流サービスを提供し、お客様の満足度を高めていく」ためには、「物流品質の向上・改善」への取り組みを欠かすことはできない。

■ 物流品質向上推進体制

CS推進体制(物流品質向上委員会)
CS活動をより強固なものとするために、中央組織としてCS委員会を設置。CS事務局が毎月1回CS会議を開催し、基本方針の立案、日常業務における問題点の提起とその解決策の提案などを行っています。また、年2回のCS研修会ではCS事務局が中心となって、班長・副班長を招集してそれぞれの班の活動報告をさせると共に、CS会議で取り決められた基本方針を班員一人一人に浸透させるための指導管理を徹底しています。

物流品質向上推進体制

■ 目標管理制度によるCS活動の実践

立正グループではCS活動の実践を図るために、目標管理制度を設定しています。乗務員は「物流品質の向上」「環境保全の強化」「安全衛生推進活動」の内容を反映した項目からなる目標管理シートに取り組むことで、CS活動の向上に向けた取り組みを行っています。

目標管理制度によるCS活動の実践